任意整理とは

 

 弁護士が債権者(銀行,信販会社,消費者金融など)と返済額や返済回数について協議し,合意が成立した場合には和解書を作成して,以後その条件に従って支払を再開する手続です。自己破産や個人再生と違い,裁判所を利用しません。

 

 利息制限法で定められた上限を超えた利率でお金を借りていた場合は,利息制限法に従って引直計算を行い,本来払うべき法律上の金額をベースに以後の支払について話し合います。

 

→任意整理Q&Aはこちら

 

 引直計算の結果,債務が消滅し,利息を払いすぎていた場合は,払いすぎたお金(過払い金)の返還を求めます。

 

→過払い金についてはこちら


→過払い金Q&Aはこちら

 

任意整理のメリット・デメリット

(1) 任意整理のメリット

  •  弁護士に依頼した時点でご本人への請求・督促が止まる。
  • 一部の債務のみ整理するなど柔軟な対応ができる。
  • 将来利息や損害金の免除を受けることで,支払うべき金額が少なくなる。
  • 裁判所に行くこともないため,ご本人の負担が軽い。

 

(2) 任意整理のデメリット

  •  任意整理であってもブラックリストに登録される。
  • 通常は最低でも元本額は払うことになるため,経済的に厳しい状態が続く。
  • 裁判所を通さない任意の交渉のため,債権者との和解が成立しない可能性もある。

 

 →任意整理Q&Aはこちら

 

任意整理の流れ

STEP1

法律相談・受任

STEP2

債務残高の確定

STEP3

債権者との協議

STEP4

和解書取り交わし

STEP1

分割返済を開始

 

→任意整理Q&Aはこちら

  

最近の傾向(任意整理)

 

 貸金業者としては,債務者が破産して回収不能になるよりは,将来の利息を免除したり,減額してでも一括で支払を受けた方がよいと考え,以前は利息・損害金の免除や支払金額について柔軟な対応をしていました。しかし,最近は過払金の存在が広く世間に認知されたことや貸金業法が改正されたことなどによって,貸金業者の経済状態が大幅に悪化しており,交渉態度を硬化させています

 

 この点,当事務所では,任意整理に関する多数の実績を有するほか,随時弁護士同士の交流を通じて最新の情報を入手するよう努め,それらの情報を依頼者の皆様に提供して,予想される結果等を説明していますので,積極的にご相談いただければと思います。

 

→任意整理Q&Aはこちら

  

▲このページのトップに戻る