Q&A任意整理

<Q&A一覧>

 

 家族に知られずに任意整理することはできますか。
 可能です。電話連絡は携帯電話に行い,郵便物は自宅に送らない,あるいは事務所名入りの封筒で送らないなど,依頼者の希望をうかがって,適宜連絡方法を調整しています。

 

 

 一部の債権者のみ任意整理することはできますか。
 可能です。残高あるいは毎月の返済額が少ないため,任意整理をしても現状より有利にならない(逆に一括支払いを求められる法的リスクを負う)場合や,自動車ローンなど支払いを停止すると担保に入っている物を引き揚げられる場合もありますので,そういった場合は弁護士が介入せず,従前通り支払っていくのが得策です。
 もっとも,一部の債権者のみ任意整理しても依頼者が抱えている債務問題を解決できないことが明らかな場合などは,将来的に自己破産せざるを得なくなり,一部の債権者にだけ支払ったことが後々法的に問題となり得るため,一部のみの任意整理をお受けできない場合もあります。
 弁護士は債務整理の専門家として,依頼者にとって最良の選択となるようにアドバイスいたしますので,全ての債権者を隠さずにお話し下さい。

 

 

 任意整理の弁護士費用はどのくらいかかりますか。分割支払いは可能ですか。
 債務整理の相談は無料です。何回でも無料です。お気軽にご相談下さい。
 その後弁護士に依頼する場合の費用については,弁護士費用のページをご確認下さい。
 弁護士費用は分割支払いも可能です。大半の方が分割です。弁護士に依頼した段階で債権者への返済を停止しますので,これまで返済に充てていたお金を回したり,あるいは,家計を見直したりすることで,ご用意いただくことになります。経済状況によっては毎月1万円程度の分割でも可能です。

 

 

 和解が成立して支払を再開するまでにどの位の期間がありますか。
 弁護士に委任して支払を再開するまでの期間は概ね2〜4か月になりますが,和解が成立しないなどの理由によりそれ以上かかることもあります。

 

 

 電話での相談はしていますか。

 申し訳ございませんが,当事務所では電話相談を実施しておりません。

 なお,埼玉弁護士会では,埼玉県内にお住まいの方を対象に「多重債務無料電話相談」を実施して,埼玉県内の弁護士が担当を決めて電話相談に応じています(電話番号などは埼玉弁護士会のホームページでご確認下さい)。ちなみに,当事務所の弁護士も年に数回の担当が割り当てられています。
 仕事で事務所に相談に行けない方や,法律事務所に相談に行く勇気が出ずなかなか一歩が踏み出せないという方,ほんのちょっと聞きたいだけという方などは,利用されてはいかがでしょうか。

 

 

 夫名義のカードで私(妻)が貸し借りをしているのですが,私(妻)が相談することはできますか。
 この場合,基本的にはご主人の債務ということになりますので,ご主人と一緒に相談していただくのが一番ですが,相談に関しては奥様だけでも構いません。
 弁護士に依頼するにはご主人の意思確認が必要になりますので,奥様がお一人でご相談された場合にその場で依頼を受けることはできません。
 なお,本文は夫婦の例で書きましたが,親子や兄弟等でも同じです。

 

▲このページのトップに戻る