債務整理の種類

 

個人の債務整理の方法は,大きく分けて3つあります
自己破産個人再生[個人版の民事再生]任意整理の3つです。

  • 収入が少ないなどによりおよそ返済できない場合は自己破産
  • 債務額を減らして一部だけなら返済できる場合は個人再生
  • 月々の返済額を減らせばそのまま返済できる場合は任意整理

 

詳細はそれぞれのページをご覧いただくとして,違いを簡単に言うと,次のようになります。

自己破産の場合,借金がなくなる*1一方,原則としてお持ちの財産を手放すことになります*2

個人再生の場合,お持ちの財産を維持しつつ,一部の債務を払うことで,残りの債務を免れることができます。

任意整理の場合,相手方(債権者)との交渉次第ですが,月々の返済額を減らしたり,利息や損害金の支払義務を免除してもらうことになります。

 

*1税金など一部の債務は破産してもなくなりません。また,借金をした事情によっては,借金が残ることもあります。
*2日常家具などはそのまま残ります。自動車や保険等も高額でないものは残ります。

→ 自己破産

→ 個人再生

→ 任意整理

 

▲このページのトップに戻る