最近の傾向(任意整理)

 

 貸金業者としては,債務者が破産して回収不能になるよりは,将来の利息を免除したり,減額してでも一括で支払を受けた方がよいと考え,以前は利息・損害金の免除や支払金額について柔軟な対応をしていました。しかし,最近は過払金の存在が広く世間に認知されたことや貸金業法が改正されたことなどによって,貸金業者の経済状態が大幅に悪化しており,交渉態度を硬化させています

 

 この点,当事務所では,任意整理に関する多数の実績を有するほか,随時弁護士同士の交流を通じて最新の情報を入手するよう努め,それらの情報を依頼者の皆様に提供して,予想される結果等を説明していますので,積極的にご相談いただければと思います。

 

→任意整理Q&Aはこちら

  

▲このページのトップに戻る